カテゴリー別アーカイブ: 未分類

九死に一生を得た全損事故

ちょうど1年前のことでした。私は山梨県への旅行の帰路、東名高速道路を名古屋方面に向かい走行中でした。3車線ある道路の真ん中を時速80キロで走行していました。
車内は同乗者と私の2人、旅行の感想などを話しながら走行中でした。

私がふとバックミラーを見たそのとき、ありえない程近い距離に後続車が見えました。
「あっ」と声を発する間もなく、ガシャンという大きな音と衝撃。
追突されました。幸い、真後ろからの衝突だったため、車が左右に振られてしまうこともなく、ハザードを炊きながら路側帯に寄せることができました。

車内にとどまっていると、火災、ほかのドライバーが突っ込んでくる可能性がある為、すぐに車外に降り発煙筒を炊きました。
そうこうしている間に事故の相手が降りてきました。
「大丈夫ですか?完全にこちらの過失です。すぐに警察に連絡します。」

なんでも、助手席に乗せていた子供が運転席側におもちゃを落とし、それを拾おうと下を向いていたとのことでした。
私は、ありえない!と思いながら保険会社に連絡し、状況を説明。詳しい話はまた連絡すると伝え、警察の到着を待ちました。
幸い、双方に大きなけがもありませんでしたが、私は半年前に購入したばかりの車の後部がかなり凹んでいることに憤りを感じておりました。

10分程経過したころ、警察が到着しました。
実況見分が始まるなり、相手の方が100%自分の過失だと警察の方に伝え続けていたため、特に主張の行き違いもなくすんなり終わりました。

実況見分が終わり、それぞれ帰路につくことになりました。自走できる状態だったため、そのまま運転をして帰宅しました。
早速次の日、私は変形した車をディーラーに持ち込みました。修理見積もりを出して、相手の保険会社に請求するためです。

そこで衝撃の事実がディーラーから伝えられました。廃車です。なんでも、フレームが大きく変形してしまっており、運転できていただけでも奇跡的らしいのです。
左の後輪とタイヤとのスペースがほぼ無く、あと数センチ変形していたらタイヤに干渉してスピンしていたらしいのです。
九死に一生を得た、不幸中の幸いとはまさにこのことでしょう。

ですが、大きな問題が浮上しました。車を購入しないとならなくなったのです。
相手方の保険会社にその旨を伝えると、2週間だけレンタカーを出すので、その間に決めてくれとのことでした。2週間で大きな買い物の決断をし、さらに様々な手続きを完了させ乗り出せということです。

さすがに納得がいかなかった私は、相手の保険会社と交渉をし、1か月間ないしは新車が乗り出せるまでレンタカーを借りることに成功しました。
結局、新車を購入することになり、持病の腰痛も悪化し転職をすることになりました。

私が交通事故を通し感じたことは、相手、保険会社のいいなりになってはいけない、交渉をしっかりした方がいいという事でした。
ごねて慰謝料をとる!ということではありません。交通事故にあう前、すなわち原状回復までしっかりと補償してもらうことが、被害にあってしまったときに主張できる私たちの権利なのです。

原付との衝突事故

事故の概要・現場での相手とのやり取り

交通事故の時刻は休日の夕方、周りが薄暗くなり視界が見にくくなっていた頃でした。

愛車三菱パジェロの助手席に中学生の子供を乗せて書店に本を購入しに行く途中でした。

4車線の主要道路を走っていて、進行方向の向かい側にある書店に向かってパジェロで道路を横切っている途中に急に子供の坐っている助手席側面から原付バイクが衝突してきました。

相手は16歳前後の若者でした。

スピードは30~40キロ前後だったようで、もちろんバイクは車のドアに衝突して横倒し、幸い相手を車で曳くことはなく道路に転がった状態だったので、急いで救急車を呼んで近くの県立病院に運び込みました。

パジェロの台座が高く幸い娘にも全くケガもありませんでしたし、相手の若者も事故現場でもちゃんと意識もありましたので、その点は安心していましたが、さすがに私もまだ若かったので精神的なダメージは引きずったまま、現場で警察官からの事情徴収を受けた後、県立病院に向かいました。

私が到着した時、まだ相手の家族は来ていませんでしたが、救急室に行ってみると、すでに若者は傷の手当てを受けていましたが医者と話もできていたので一安心。

しかし当時、私も興奮状態と常識も欠いていたので後の対応が悪かったと反省しています。

どういうことかというと、相手の家族が来て挨拶を済ませた後、仕事の名刺だけ渡して相手に承認を得ずそのまま自宅に帰ってしまっていたのです。

これが相手の感情を相当こじらせました。

つまり緊急搬送されたので、治療後、本来なら病院に一時的な費用(2万円ほど)を私が払わねばならないところを相手の親に払わせてしまいました。これが無責任として相手の父親の逆鱗に触れてしまいました。

過失割合・損害額・保険屋の対応

当初から対応をミスってしまいましたが、事故の相手が未成年なので当然交渉相手はその相手の父親でした。

ところがこの父親がバイク屋が本業ということで保険の対応には自信があるらしく、最初から「バイクの進路妨害をしたのはお前だから100%お前が悪い」と自信たっぷりに主張してきます。

ところが私は初期対応のミスは認めて相手に謝罪もしましたが、ゆっくりと車で道路を横切っていたにもかかわらず、いきなり衝突されたのは、この若者の前方不注意としかどうにも思えず、この父親の主張には全く納得できませんでした。

そのためしばらくは色々感情的な言い争いもやりましたが、らちが明かないので最終的には私の車の保険を掛けていた保険屋さんとこの父親の間で結論を出してもらうことにしました。

私がいくら相手の非を責めたところで、状況的には私のほうが過失割合が高いのは明白でしたのでプロに始末を任せました。

結論としては過失割合私と相手で90%:10%程度に落ち着きました。

損害費としては相手も入院の必要もなかったので病院の治療費、バイクの修理費等は私の保険から払われました。またこの若者はアルバイト程度の仕事だったので休業補償のような支払いもありませんでした。さらに保険屋が私の保険からいくら支払ったか具体的な金額の話があったかどうかも嫌な思い出を早く記憶から消したかったのでほとんど記憶していません。ただそれほど大きな額ではなかったと思います。

一方、私も自分の車の修理が必要でしたが、これだけは自分で修理代を出して修理したことを記憶しています。10万円位払ったと思います。

任意の保険は昔から対人は無制限、対物は500万円ほど掛けることを旨としています。

今回はこの保険のおかげで助かりました。

幸いこの交通事故以降、大きな事故を起こしたことも遭遇したこともありませんが、やはり事故だけは予想をつかない状況で起こります。

備えあれば憂いなし、最低対人対物の保険は入っておくことは車を運転する上で必須の条件だと実感しています。